部屋でオフィスでちょっとした安らぎを求めてみてはいかがですか?
題名
ホーム
観葉植物とは
知っておきたいこと
育てるときのアイテム
デスクに置く人気ベスト5
お問い合わせ
観葉植物とは

最終更新日:2014/10/1

 

観葉植物とは、主に葉の形や色を楽しんだり、インテリアとして癒しにもなる植物の総称です。さまざまな種類があり、日本で栽培されている観葉植物は、1000種以上あります。さらに、現在は、海外から輸入されている観葉植物も多いです。見て楽しむための観葉植物ですが、間違った育て方をすると逆に枯れてしまうこともありますので、観葉植物を上手に育てるために、成長するための、土壌・光源・空気・水・環境温度に注意して、正しい観葉植物の育て方をきちんと勉強していきましょう。

観葉植物の選び方

観葉植物の選び方としては、気候や置き場所など、自分の家に合うものを選ぶことが大切になってきます。家の中であっても湿気のある場所や乾燥しやすい場所、日の当たる場所、日の当たらない場所など、条件が変わってきます。その場所に適した観葉植物を探してみてください。観葉植物は、ホームセンターや園芸店などでも気軽に手に入りますし、最近では、インターネットの通信販売などでも購入ができるようになり、欲しい観葉植物を取り寄せることも可能になってきていますので、便利なものを利用し楽しく観賞してみてください。

 

観葉植物をインテリアとして

観葉植物をインテリアのひとつとして設置するのですが、ただ置くのではなく、もっと工夫をすると観葉植物を育てていくのが楽しくなります。買ってきてそのままの鉢は、なんだか味気がないものです。そこで、鉢を素焼きや陶器製にしたり、ジフィーポットなどの、環境に優しく取り扱いやすいものを利用するなどするのもいいですね。こういった小物は、誕生日のプレゼントとしても喜ばれます。家の中の観葉植物だって、ハンキングバスケットなどに入れてもおもしろいと思います。土をハイドロカルチャーにすると、またさらに、いろいろと変化を楽しむことができますね。植木鉢で販売しているものでなくても、気に入ったグラスなどで、水栽培することも可能なものはたくさんあります。普通に、水栽培するのではなく、カラーサンドや観葉植物用のゼリーなどもあり、いろいろな色を組み合わせて楽しめます。食卓テーブルなどに、小さなハーブを植えるのに、外国製の空き缶なんか、利用すると、見た目がおしゃれにも感じます。最近話題になった、苔玉を使った観葉植物やミニ盆栽は和室にも合いますし、玄関やトイレ、洗面のちょっとした出窓のところに置いても癒されます♪遊び心を取り入れて、気に入ったもので観葉植物を楽しんでみてくださいね。

観葉植物の役割



観葉植物には、ある役割があります。それは、空気清浄化をすることです。観葉植物は、「揮発性化学物質の除去」「蒸散作用」の2つの役割を持っています。では、室内汚染される原因とは、どんなものでしょうか?シックハウス症候群やシックビル症候群などになる原因がそう。ホコリ(ハウスダスト)・煙・花粉・カビなどの胞子・ダニの死骸や卵・細菌やバクテリア・ペットの毛・揮発性化学物質(二酸化炭素・一酸化炭素・水素・メタンなど)などが、室内汚染の原因なのです。それをうまく調和、除去してくれるのが観葉植物なのです。観葉植物は呼吸するときに二酸化炭素などの有害な物質を取り込み、根から排出します。排出された有害な物質は微生物によって分解され、酸素を排出します。こうして私たちにきれいな空気を提供してくれています。二酸化炭素を吸収して酸素を排出するという観葉植物の役割は、私たちにとって不可欠なのです。観葉植物は、空気が乾燥した空間では蒸散量を増やし、湿度が高ければ抑えるといった働きをします。室内の空気が常に、快適に保たれているのは、観葉植物のおかげなのです。現在では、マイナスイオンを発生させる観葉植物もあります。実際に、観葉植物を育てることができない場合であっても、今は、光触媒の造花や人工観葉植物なども販売されています。本来なら、自然の観葉植物のほうがいいことは確かなのですが、住んでいる状況によっては、難しいとされることも多いはずです。そんなときに、うまく利用してみるのもひとつのアイデアです。自宅に1つでも、観葉植物を置いてみてはいかがでしょうか?

おすすめWEBサイト 5選

Amazon
http://www.amazon.co.jp/
スーツケースの販売
https://www.rakuten.ne.jp/gold/d-success/



上へh

 

HOME/観葉植物とは/知っておきたいこと/育てるときのアイテム/デスクに置くならベスト5/お問い合わせ
[PR]
このウェブサイトに掲載されている写真、音声、映像等あらゆる素材を、いかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております